ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

マスコミへの所感

森友・加計学園や
福田次官のセクハラについて
報道を見ない日は無い。





同文書には朝日新聞など大手新聞社を使っての
日本国内の世論誘導は「極めて容易であった」とされている。



ミトロヒン文書だけは踏まえておきたい。


倒閣(内閣のイメージダウン)のための報道を意図的に行い
現在の政党・マスコミ内の(中国・韓国・北朝鮮からの)スパイは
今日になり想像以上に多いと私は見ている。





森友問題については
理財局の何人かと、政治家らに
籠池氏が値引きのための金を渡した。


理財局の役人と口利きした政治家に2億も積めば
籠池氏はまだ6億ほど安く土地を手に入れられる。


理財局のお偉方に金を積んでいたなら
文書書き換え問題も
お偉方は保身のために書き換える。


値引きのために不正な金が動いているなら
籠池氏や佐川氏が
刑事訴追の恐れで答弁を避ける理由もわかる。


明恵夫人が名誉校長を務めたことを
野党議員とマスコミが倒閣のために(内閣のイメージダウンを狙い)
事実はどうであれ利用し始まり拗れた。


野党は真相の究明や問題解決をする気はない。
この話題が長引けば長引くほど
内閣支持率が低下すると考えているからだ。



こう考えると
実にシンプルな構図ではないだろうか。


忖度という言葉を多用し始めおかしくなった。


忖度など無い。
強欲と保身の問題だ。





「女性記者の取材中のセクハラ」としてニュースには書かれるが
福田次官は「取材として」女性に会っていない。


この女性記者は自身を記者だと
福田次官に名乗っていない。


故に福田次官は
「女性記者と会食した覚えがない」と答えた。


福田氏は、不倫に発展しそうな(もしくは発展した)女性(記者)に
会話した音声データを取られた。


その不道徳により辞職は免れない。


私はセクハラではなく
不倫中の会話だと見る。


セクハラで「手縛ってもいい?」の文言には首をひねるが
不倫中の浮かれた会話ならありえる。


不倫を匂わせながら近づいてきた女性に
なんにせよハニートラップをかけられ
倒閣のために利用された。



もちろんこれは全て
私の下衆な勘繰りでしかない。


二次被害を言うなら
残りの音声テープなどの証拠を隠さず出すべきだ。




問題はそういった可能性が考えられる中で

退陣を迫るマスコミの姿勢だ。




しかしいま、多くのスパイたちが倒閣のために
世論を操作しようとしている。


大人たちの誤った政治的判断は
子らの未来に暗い影を落とす。


私は子らの未来のために
私は変わらず安倍首相を支持している。



ありがとう。

蓋ギロチンと、魚肉ソーセージ

夕食後

3歳児が手の平サイズの

簡易的なえんぴつ削りを使っている。


両端を尖らせると危ないと

かみさんが伝える。


3歳児は

ただ削りたい一心だ。


私からも危ないと促すと

不服そうだがえんぴつ削りを終わらせた。




彼は削って出たゴミを

ゴミ箱に捨てようとする。


その大きなゴミ箱は

ロックできる蓋が付いている。


3歳児はロックを解除して蓋を開け

えんぴつ削りの中のゴミを捨てるため

えんぴつ削りを開けようとした。


そのとき1歳児がゴミ箱の蓋が開いてるのに気付き

ちゃんと閉めなければならないとばかりに

ゴミ箱の蓋に手を掛けた。


閉められてはえんぴつ削りのゴミが捨てられぬと

3歳児はゴミ箱の蓋を押さえる。


蓋を閉めようとする1歳児と

開けておかねばならぬと3歳児が

意地の張り合いをする。


「危ないから止めい!」


私は大きな声で

2人を諫める。


3歳児は泣き顔で私を睨み付ける。


「止めいと言ったら止めいよ!」


3歳児は泣きながら

意地の張り合いを終えた。




かみさんは1歳児を寝かしつける。

私は夕食後の皿洗いをする。


持て余した3歳児が私を見ている。


私は冷蔵庫から魚肉ソーセージを取り出し

3歳児に声を掛ける。


「◯ちゃん、ちょっと来てくれるかい。」


魚肉ソーセージが食べれると思った3歳児は

笑顔で近寄る。



私は先程のゴミ箱の蓋を開けて言う。


「さっき蓋で揉めてたね。危ないって言ったのは、こういうことなんだ。


私は蓋とゴミ箱の間に魚肉ソーセージを置き

ギロチンの刃を落とすように

いきおいよく蓋を閉めてみせた。


ばしんと音を立て蓋が閉まる。


柔らかい魚肉ソーセージは

蓋に切断され

ソーセージの先がゴミ箱の中に落ちた。


それを私は拾い上げ

3歳児に伝える。


「これが◯ちゃんか☆ちゃんの

指だったかもしれない。」


3歳児は眉間に皺を寄せた。


「◯ちゃん、ここに指を置いてみて。」


そう言って私は

ギロチンを落とす動作をする。


3歳児は首を振り

その場を離れた。




乳児の指の切断事故は

向きを変えるベビーカーだけとは限らない。


ドアやサッシで

子供同士ふざけることも含め

気をつけてあげたい。




翌朝、3歳児と1歳児は

仲良くアイスを頬張り

笑顔を見せてくれた。


ありがとう。

3歳児の 分け与える心、譲り合う気持ち、辛抱の念

朝食も終わりかけた頃合い。


1歳児が冷蔵庫から
飲むヨーグルトの一番ちいさなサイズを取り出し
かみさんがストローを刺して渡すと笑顔。


それを見ていた朝食途中の3歳児が
「ぼくものみたいよ!」と、泣き顔で訴える。


かみさんは困った。


飲むヨーグルトは
その1本で売り切れだ。


「コンビニで買ってくる、ちょっと待ってて。」


やれやれといった表情で
かみさんはコンビニに
新たな飲むヨーグルトを買いに出ようとする。


その次第を黙って見ていた私はかみさんに声を掛ける。
「大変なことになるぞ。」


かみさんには言葉の意味がわからなかった。
そのまま徒歩1分のコンビニに買いに出た。




かみさんが買いに出ている間に
1歳児は飲むヨーグルトから離れ
プラレールのアシマで遊びだす。


その隙に3歳児は
1歳児の飲むヨーグルトを飲み始めた。


「いま、おっかーが、
 〇ちゃん(3歳児)の飲むヨーグルトを買いに行ってるのに
 ☆ちゃん(1歳児)のを飲むのは、おかしくないかい?」


私が3歳児に問う。


「、、、おかしい。」


3歳児は、しゅんと消沈して
1歳児の飲むヨーグルトをテーブルに置いた。




ほどなくしてかみさんは戻り
3歳児は飲むヨーグルトを手に入れた。


3歳児は笑顔で新しい飲むヨーグルトを口にし
1歳児も少しずつ飲んでいる。


何も問題ないように見える。




「親として、子らを悲しませたくない、同じものを与えたい
 その気持ちはよくわかるよ。」
私は前置きして話を切り出す。



「でもね、なにか足りないときに
 毎回与えてあげられるわけじゃない。


 お菓子や玩具など、自分の分が無いから
 買ってきてと言われて買えるわけじゃない。


 同じものを新しく買い、与えるより
 いまあるそれを均等に分けて飲むとか


 他の飲み物が冷蔵庫に沢山あるのだから
 それを促して満足してもらうとかしてほしいんだ。」


「、、はい。」
かみさんも、しゅんと消沈して返事をする。




「これは家の中だけの話じゃあない。
 将来的に必ずあることだ。


 幼稚園に行って
 誰かの何か見ては、自分も欲しいと言い出すだろう。


 その度に、すぐ買い与えてあげられるなら、
 今日のように買い与えるのもいいのかもしれない。


 しかし、私はそれを【甘やかし】だと見る。


 こういった場面では
 新しい物を買い与えて子の気持ち満たすより
 分け与える心や、譲り合う気持ち、辛抱の念を育ててほしい。」



冷蔵庫には
牛乳1ℓが2本
コーヒー豆乳が同じく2本
ピルクルが20本ある。


飲むヨーグルトが無いのであれば
(3歳児は)それらで良しとするか


飲むヨーグルトを
分け合うべきだと私は考える。


それら選択肢を3歳児が拒否するのであれば
飲むヨーグルトは次の買い物の機会まで
我慢してもらいたい。




100円か200円の飲み物を買って与えることは容易だ。
子に泣かれるより面倒くさくなくていいのかもしれない。


私はそれが落とし穴に見える。


3歳児の要望に対し、すぐ買い与えることを毎回の習慣にすれば
将来的に、買い与える習慣が履行されなかったとき(買わなかったとき)
屈辱・惨めさ・恨みの念(甘えからくる負の感情・逆恨み)が
親に対して湧くのではないかと懸念する。



肉体的・精神的に疲れていると
人は金で解決を図ろうとする。
(泣かれると面倒だから100円くらい(安物)なら買う等)


子との人間関係を金で解決するツケは
いつか必ず清算しなければならなくなる。



金銭的な我慢ばかりを押し付けるのも
買い与えるを習慣にするのも
同様に子を歪ませると思っている。


気を付けたい。



ありがとう。