ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

絵本 はなくそ



歯医者の帰りに

絵本を買う。


以前より3歳児の

鼻くそをほじっては

口に入れる悪癖が抜けない。


見ているだけで

不快でたまらない。


絵本売り場に

鼻くそについての絵本があったので

悪癖の改善を促せればと買う。


内容は

鼻くそは、ばい菌なので汚いよ、というもの。


小児科の待合室にありそうな雰囲気で

読んでも面白みは無い。



20時 帰宅


1歳児を寝かしつけたかみさんに絵本を渡し

鼻水を垂らしながら

まだ起きている3歳児に読み聞かせてもらう。




「ふ〜ん、そっかぁ〜、ばいきんなんだね〜」


3歳児は

他人事みたいな口ぶり。


いつもなら

買ってきた絵本を読み終えた直後

3歳児はアンコールを訴えるが


この絵本に関しては無かった。




ハナクソは汚いよ

口に入れるのやめよう


絵本の内容と

親の気持ちは合致している。


しかし3歳児にとっては

薬の説明書か、洋楽の和訳を読むときのような

退屈なものを見るような雰囲気に見えた。


まあしかし

汚いものだという認識は

一応理解したように見える。


読み終えた次の日には

見るに耐えない悪癖をやり

私を悩ませている。


絵本の効果はすぐには現れず

この絵本のリクエストも

いまのところない。




「はなくそくん大冒険」とか

「魔王ハナクーソ 対 ティッシュ王子」のような

ハナクソを擬人化させるなどして

物語性あるタイトルがあれば

3歳児に喜んで貰えたかもしれない。


自分で絵を入れて

はなくそくん大冒険を作ってやろうかとも思うが。




悪癖を他人から笑われて

恥ずかしいことと学び

自然とやらなくなるといいが。


やれやれ。


ハナクソを口に入れるなんて

見るに耐えない。


その仕草が視界に入ると

すこぶる不快だ。



怒って矯正するような事案ではないと思っている。


見てて気持ちが悪いことを

継続して伝えていきたい。


ありがとう。