ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

元ホームレス、ガスストーブを買う

エアコンを点けると

子らが咳をするため

ガスストーブを買うことにした。


痛い出費になるが

このまま寒さに凍えさせるわけにもいかない。


職場でガスストーブを使っているため

どこで買えばいいか同僚に訊ねる。


すると「ガス屋さんから買うといい」との話。




職場によく出入りするガス屋さんに

電話し来てもらう。


ガスストーブの話をすると

こちらから何も言わないうちから

カタログの値段の3割引でいいという。


そのときはよく分かっておらず

間抜けな返答で「はあ」と返してしまった。




後日、見積書を持って

ガス屋さんが職場に来る。


ストーブで見積書とは、と恐縮する。


¥35000円程度が

¥27000円ほどに値下げされている。


「ええ!こんなに?いいんですか?」

私は思わず声が出る。




市価でガスストーブが

どれほどの値段か私は知らないが


カタログに書かれてある値段から

3割も引いたら大して儲けは残らないだろうにと気の毒に感じた。



しかし、全く意識していなかったが

職場に出入りする業者から物を買うということは

こういうことなのかと

いまさら考えさせられた。


私とガス屋さんは

たまに職場で挨拶する程度だ。


3割引は

私個人に対するものでなく

職場と業者の長年の付き合いによるものだ。


その付き合いを無意識とはいえ

利用してしまったような形になり心苦しい。


3割引きでいいと言われたとき

それに気付くべきだった。


すでに商品を手配したというので

ガス屋さんの厚意と

職場に深く感謝して

ありがたく買わせて頂く。




それとは別な話で

家電の不調が続けざまに起きている。


洗濯機がときたま水が排水されず

エラーになり洗濯をやりなおす症状がある。


冷蔵庫がたびたび野菜や卵を凍らせてしまう。

先日はコーヒー豆乳が半分シャーベット状になっていた。


私のスマホが100%充電された状態から

1時間足らずの間に30%を切るような具合になり

出先で電池が切れるかヒヤヒヤさせられる。



今年は出費が嵩みそうだ。


子らの布団も

新調しなければいけないが

予算の都合で次の冬になりそうだ。




また金の話か。


うんざりするが

我が家の今年は

出費が嵩む年なのだろうと腹を括る。




仕事の関係に付け込むような買い方は控えたい。

安くなれば何でもいいというわけにはいかない。



しかし、3割引

大きい。


ありがとうございます。