ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

蒸気のトーマスと 3足の靴

あけましておめでとうございます。


今年も全ての命が

よく生きることができますように。




しかし風邪が長引いている。

いやさ、これは風邪だろうか。


3歳児の咳が特にひどい。

夜、寝ていてもゲホゲホとやる。


あまりにひどいので

エアコンを切る。


すると咳が嘘のように治まった。


風邪だから身体を冷やさないようにと

エアコンを常時つけていたのが裏目に出ていた。


エアコン内部のカビか

掃除の行き届かない部屋の埃が

エアコンの風に舞い上げられているか


そのどちらかだろうと

かみさんに話すと


かみさんは湿度の乾燥が原因だという。


なるほど。




新年早々に寒いが

エアコンを切り過ごす。


寒い。


しかし3歳児の咳は

だいぶ減った。


2〜3日もすれば回復できるであろう

見通しが立つ。


なんとかなりそうだ。




風邪と思って外出を控え

エアコンの効かせた室内に4〜5日

咳をさせながら気付いてあげれなかった。


判断ミスで子を苦しめた。

情けない。




苦しめた詫びの意味と

お年玉代わりにと


線路か機関車でも

買いに出ようかと提案すると

3歳児は数日ぶりの外出も含めて喜んだ。




ショッピングモールで昼食を取り

玩具売り場へ。


2000〜3000円程度の予算を考えていたが

売り場に着くと3歳児は

機関車トーマスの蒸気が出る4000〜5000円の品を所望する。


私は短く考えて提案する。


「これを買うには、今回の予算では足りない。

これを諦めて、機関車か線路にしないかい。」


3歳児は折れず。

蒸気のトーマスがいいと言う。



3歳児は

決して駄々を捏ねているわけではない。

この3歳児は

買って買っての駄々を捏ねることをしない。



「じゃあ、今月いっぱい

ガチャガチャを禁止にすれば、この予算が足りる。


今月はガチャガチャを買わなくていいなら

蒸気のトーマスにしよう。どうだい?」


私の提案に

その程度なら何ということはないとばかりに

3歳児は快諾した。




最近になり

3歳児のガチャガチャへの興味・執着が

薄れているように私には見えていた。


家に帰ってからカプセルを開けるまでが

ワクワクする楽しい賞味期限で

実際に遊ぶ時間はほぼ無い。


月のガチャガチャの予算は

3000〜4000を見ている。


もともとの詫びの予算と合わせれば

結果的に私にとっては安く済む。


これを機にして

ガチャガチャを買わなければ

大きな(より高価な)玩具が買えることを知ってほしい。




蒸気のトーマスを買い

ご機嫌な3歳児。


じゃあ帰ろうかと

かみさんに声を掛けて気付く。


かみさんは1歳児を抱えて

付いてきただけで面白くは無かっただろう。



「せっかくの正月だ。

何か欲しいものがあれば

10000円の予算でプレゼントするよ。」


「わあ!やったー!」


かみさんの表情が

急に明るくなる。



「じゃあ5秒で決めてくれ。」


「、、、、‼︎ 」



「(5秒は)冗談だよ。何か売り場を見に行こう。」


かみさんは靴が欲しいというので

靴売り場へ。


かみさんは

3000弱の靴を2足選んだ。


私もついでに

昨年に買った2000円の靴の寿命が近いため

新たに1900円の靴を新調した。




帰宅


蒸気の出るトーマスを

3歳児は泣きながら

1歳児と奪い合いして就寝した。


1歳児のプレゼントを

用意しなかったことを後悔している。


彼女には別の機会に

喜んで貰える何かを贈りたい。




就寝


3歳児の咳は

だいぶ減ったが


時折、苦しそうにゲホゲホとやる。

肺炎になっていないといいが。



いま思い出したが


エアコン以外の

暖房器具を買おうと思っていたことを

すっかり忘れていた。


まあ、近々に。



ありがとう。

平凡な年末

年内の仕事の全てを終えた。


今年もかみさんに手配を頼んであった

親父さんや妹たちへの

おせちが届いたようだ。


いまどきおせち料理かという気も

いまさらながらしている。


正月休みに旅行を予定していれば

おせちを送られれば迷惑かもしれない。


いやさ、莫妄想。


妄想に捉われば、何もできなくなり

関係はますます希薄になる。


継続して

おせちを手配したい。




1歳児、3歳児、かみさんが風邪を引き

漏れなく私も風邪を引いた。


全員が回復傾向であったため

子らに咳と鼻水あるものの

駅前に遊びに出る。


帰宅


3歳児が39度の熱発(+)

しかし普段と変わらない様子。


現在は全員が落ち着いている。





年賀状を未だに書いていない。


これこそ

いまどき年賀状かという気もするが


遠距離にあって

密に連絡を取り合うほどの関係性ではないが

縁を繋いでおきたい方々に

年始の便りくらいは出さなければ。


そう考えながらも

大晦日の今日に至る。


自分のだらしなさが情けない。




年賀状は3通だけ


年賀状と子らの写真を封筒に入れて

送るつもりだ。


いつか帰る日まで

縁が切れませんように。



雨風が凌げ

寒さに震えることなく

食べたいものを口にして

家族と共に平凡に過ごせています。


本当に

ありがとうございます。

元ホームレス、家計簿アプリ始める

1ヶ月でどれくらいの食費がかかるか

家計簿アプリを入れてみた。






口座から引き出して

財布に入れた分を収入としている。


5日間の断食があったため

若干食費が少なくなった。


いつもは10万落とすだけだが

今月はかみさんに10万プレゼントし

クリスマス費用に10万用意のため落としている。


交際費は

子らに使った玩具や絵本など。



支払い後に

すぐスマホで記録しているが

記録漏れあり4000ほど使途不明が出ている。


家族で外出するとき

記録している時間なく

ルーズになった気がする。



交通費は画像に無いが付けてある。


車を持たないため

電車とバスにかかる。


上野まで行ったのを含めて

2660円となり

大したこと無かったが


かみさんの財布は別で

かみさんの交通費は多いはずだ。



生活費はかみさんに渡した金額。

プレゼントのため膨らんだが

いつもは35000を渡している。


それとは別で

かみさんの口座に毎月60000〜70000入れる。




毎月かみさんは10万程度

私は65000程度でやり繰りする。


私の担当は主に家族の食費で消える。


家計簿を付けて

やはりほとんど全てが

食費で消える計算になるとわかった。



かみさんが何に使っているかは知らない。


主に子らにかかる費用。

衣類だとかオムツだとか。


何か保険に入っているようなので、その保険料。

私は保険について一切を知らない。


米や調味料や牛乳などの食品は

かみさんが生協の宅配に頼み支払う。




というやり方で

ギリギリ50万ほど

私の口座に貯まった。


それをかみさんに伝えるが

かみさんの口座は知らない。




家賃、水道光熱費は

職場が支払ってくれる。


本当にありがたい。




切り詰めようと思えば

いくらでも何とでもなる。


過度に節約して

ストレスを抱えてやつれる家族を見たく無い。


食べたい物は我慢せず食べなさいと

かみさんには伝えてある。



下の子が幼稚園に入るのは

2年後だと思うが

そのあたりからかみさんが

パートなりアルバイトなり始める予定でいてくれる。



来年から上の子が幼稚園に入り

月額40000程度が必要になるという。


いまの生活で捻出するのは難しい。

生活の見直しが来年の大きな課題だ。



かみさんや子らと相談・協力しながら

この課題を乗り越えたい。


頑張ろう。



ありがとう。