ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

1歳児 誕生日の前倒しプレゼント シルバニアファミリー


4歳児が入院となった。


前回の入院が昨年11月。
また呼吸器系だ。


様子を見たい。




4歳児の見舞いに付き会わされる1歳児はしんどそうだ。


なぜ兄とともに帰れないのか
まだ理解ができない。


1歳児は病棟に入れない。
そのため待たされるだけで疲れるようだ。




近くのショッピングモールで
1歳児とかみさんと玩具屋をひやかす。


ふと思い立ち、かみさんに提案する。


「☆ちゃんの誕生日のプレゼントを前倒しして贈りたい。
 〇ちゃんがいると、〇ちゃんも玩具を欲しがるだろうから。」


かみさんは頷き
急遽、玩具屋で1歳児への誕生日プレゼントを物色する。


1歳児にどれが欲しいか訊くも
手当たり次第に掴んでは持ってくる。




予てより
玩具によって1歳児の情操を図りたいと考えていた。


情操などと使い慣れない言葉は
何か高尚な人間が使う響きに感じられる。
私のような下賤な輩には似合わないが。



1歳児は女性として生まれた。
私はこれを女性として幸せになってほしいと願っている。



1歳児が兄の恐竜遊びを真似して
「がおー」と恐竜と恐竜をぶつけては遊んでいる。


それを見た私の心は
不安にざらつく。


兄と一緒に遊ぶことは望ましいが
兄と同じ遊び方でいいのか。


女の子らしい遊び方なのか。


封建的な歴史から培われた「女性らしさ」など
社会が女性に一方的に押し付けたものだと
女権論者は言うかもしれない。




「らしさ」について考え始めると長くなる。


彼女はシルバニアファミリーを
甚く気に入ってくれた。


しかし、そのお家で彼女が遊ぶのは
アンパンマンとバイキンマンだ。


「あ~ぱ~ち~!」


ショコラウサギの女の子宅の屋根の上で
アンパンマンのアンパンチがバイキンマンに炸裂する。




父親が女の子を育てる。


正直、わからない部分が多い。
というより、全てがわからない。


少しずつ
彼女の幸せを考えていきたい。



ありがとう。








ポイントカードの無い私にポイントが付いたレシートを渡されて思うこと

近所のドラッグストアで買い物すると

私が受け取るレシートに

必ずポイントが記されている。


私はポイントカードの類をほとんど作らない。


買い物の度にポイントが記されており

どの店員がレジ対応しても同じで

店ぐるみでやっていると思われる。


ポイントカードの無い客から

ポイントだけ不正に得ていることは

すぐにわかった。




なんというのか

これを不正だと吊るし上げるのではなく


制度というか、システムというか

低時給で働くアルバイト店員に

歩合、チップの意味で

ポイントを付与できないものだろうか。


消費に対してのポイント付与だが

労働に対してのポイント付与。


レジ担当だけが恩恵を受けないよう

従業者のポイントカードを全てレジに通して

会計が行われたとき

全員にポイントが与えられる。




売り上げが立てば立つほど

働けば働くほど

ポイントが目に見えて増える。


労働へのやる気、サービスの向上

継続した就業、離職減につながらないだろうか。


お客様に来て頂きたいと

自然に店員が考えるのではないか。




客が来ても来なくても

アルバイトは同じ時給だ。


それなら客が来ないほうが楽だ。


私が20代でバイトしていた頃

そう考えていた。




ポイントの率は考え直さなければならないだろうが


客の会計100円で、従業者に1ポイントが付くなら

勤務8時間の売り上げ10万として1000ポイントの付与。


20日勤務で20000ポイント。

月に20000円分のポイント付与。


2万となると

雇用する側も縦に頷けないだろうが

率を見直せばどうにかならないか。


もしくは国や自治体が

低所得者支援の制度として

補助金なりでそれをカバーできないか。




都の最低時給は1000円を突破しただかするとか聞いた。


会社の偉い人が曰く

最低時給1200くらいまでは上がり続ける見込みだとか。

本当かどうかは知らない。




客側はより良いサービスを

従業者側は歩合的な意味でのポイントを

雇用側はサービス向上から売上増、離職減など見込めないか


考え方に都合が良すぎるか。




サービス向上を目的とした

労働に対するポイント制度があってもいいような


ポイントカードを作らない私に

ポイントが記されたレシートを見ながら

そんなことをなんとはなしに考えていた。



ありがとう。

1歳児 高さ55㎝からの飛び降り

ソファとソファの間に置いた
55㎝の高さの台から飛び降りては
戦隊もののヒーローのようなポーズを決めるを
4歳児は繰り返している。


ソファの背もたれはもう少し高く
60~70㎝だろうか。



4歳児がしばらく繰り返していると
1歳児もソファを伝って55㎝の台に上がる。


私とかみさんがじっと見ていると
1歳児は飛び降りた。


1歳といっても
1歳11ヶ月児で2歳に近い。


私もかみさんも驚いたが
とうの1歳児は両手両足で着地し笑顔だ。


そこから2人は
登っては飛び降りを長い時間に渡って繰り返している。


そのうち1歳児は
着地で手をつかず両足だけで出来るようになった。


何度か顔を床にぶつけているが
1歳児は笑顔で飛び降りるを続けている。




無暗に「危ないから」と
子の行動を制限したくない。


後遺症が残るような大ケガや
死に至る可能性が無い限り


ちょっと痛い思いをして泣くくらいであれば
生きるための経験として必要と考えたい。




彼らは高いところから落ちれば
足で着地しても痛いことを学ぶだろう。


着地に失敗して顔をぶつければ
とても痛い思いをする。


もっと高い位置から落ちればどうなるか


彼ら自身で危険を察知して
行動につなげられるようしてほしい。




YouTubeで車の事故の動画や
ふざけて遊んでいて、ぶつかったり落ちたりする
ハプニング系の痛い思いをする動画を
4歳児になるべく見せている。


「ふざけてるときが一番ケガしやすい」


私が何度も繰り返す言葉で
彼は覚えてくれた。




どうか彼らが
成長していく段階で
事件事故に巻き込まれませんように。


祈り、考えたい。



ありがとう。