ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

90歳の身体

トイレで洋式の便座に座ると
膝から下が痺れて
立ち上がると転びそうになることが
最近になり何度かある。


介護職のとき
高齢者のトイレ誘導を手引きで行ったものだが
利用者が便座から腰を上げる際に
なかなか立ち上がれなかったのはこういうことなのだろうか。




手足が冷たく
痛くて寝付けない。


暖房を入れると
かみさんと息子が布団を掛けないで汗をかいている。


止む無く暖房を切り
震えながら布団の中で朝を待つ。


高齢の利用者の多くが
寒いと訴えていたのを思い出す。




2014年だったろうか
医者から90歳の身体だと宣告された。
年齢はその半分にも満たない。


ストレングス視点で考えるなら
できることはいくらでもある。


いまできるうちに
できることをしておきたい。


動けるうちに
見えるうちに
聴けるうちに
味わえるうちに


咳き込むことなく水が飲めるうちに
横になって眠れるうちに
無意識に呼吸ができるうちに
家族の顔を覚えてるうちに



まだそれができるということは
私は幸せだ。


ありがとう。