ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

2歳児が楽しむ100円ショップの玩具

路上生活者支援施設を出て
しばらくしてから暇を感じて中古で買ったプレステ2が
引っ越しの荷物から出てきた。


中古で買った当時
すでにプレステ3が主流となっていた。


グラディウス5がやりたくて買ったのだが
肝心のそれを手に入れることは出来ず
プレステ2本体はしまわれたままだった。


息子とプレステ2をやってみようかと思ったが
テレビにつなぐケーブルが無い。


そこで駅前まで買いに出た。


しかし探してもケーブルは見つからず
考え直して100円ショップに向かう。


100円ショップの玩具は壊されても金銭的に痛くはない。
むしろ壊して使えなくなることを学べる。



トランプ
動物かるた
ギターのおもちゃ
紙の飛行機
ひよこが階段を登って滑り降りるおもちゃ
こむぎねんど
磁石のペンで砂鉄で書くボード
黒の画用紙
カラフル画用紙
絵の具
色鉛筆



最も2歳5か月の息子に大ヒットした玩具は
ギターだった。


そのはしゃぎっぷりは
寝つくまで離さず枕元に持ち込んで一緒に寝ていた。


アンパンマンのキャラクターで
ニガウリマンがギターを弾いている。


う~りう~りう~りう~り~♬
う~りう~りう~りう~り~♬


ギターを持ち、ニガウリマンの真似をすると御機嫌だ。


ウクレレの動画を見せていたのが
ヒットにつながったのかもしれない。




砂鉄で書くボードは
息子自身はほとんど描かず
私が丸に点々をつけた程度の絵を描き
これなーんだ?と当てっこゲームとして大ヒットしている。


息子にとっては
父親とのコミュニケーションツールとして楽しいようだ。





動物かるたはジワジワと興味を持ちつつあるが
かるたとしてではなく
カードに動物が描かれているため
動物の名前を知りたがる。


そのせいか昨日のテレビで放送されていた
世界まるみえテレビ特捜部で野生動物が出てくる場面に食い気味で見ていた。


アンパンマンや教育テレビ以外で
興味をもったテレビは初めてかもしれない。




絵の具はまだ使用していないが
晴れて風のない温かい日に
公園かどこかで絵の具を使い
思う存分楽しんでもらうつもりだ。


ほかに買ったものも
それなりに満足して楽しんでいた。


紙の飛行機だけは
開封後5分せず飛べない姿となった。
飛ばすことよりも
組み立てる作りが気になり分解したくなる気持ちが大きかったようだ。




プレステ2のケーブルを買うよりも
息子と私にとっていい結果になったと思っている。


ありがとう。