ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

上野公園の1日

息子と一緒に
上野の動物園に足を運ぶ。


ぞう みたい
しまうま みたい
ぱんだ みたい
うさぎ みたい
ものれーる のりたい
あいす たべたい


希望に応えて歩く。




サイやゾウが
あの巨躯にして狭い空間を
行ったり来たりしている。


警戒心の強いミーアキャットが
四方ガラス張りの狭いケースに入れられ
大勢が流れ行く人間との距離は1mもあるかどうか。


コビトカバの前足には
床ずれしたような痕があり
サルたちは日陰の狭い檻の中で震えている。



本心から言えば
動物園は好きになれない。


動物たちが可哀想に見えて
楽しめない。


貴重な動物を間近で見ることが出来るのは素敵な経験だが。


私の思いとは裏腹に
息子は楽しそうだ。




公園のベンチを枕に
空を見上げた最初の日を思い出す。


朝、通勤の人たちが通り過ぎていく。


居場所のない私は毎日同じベンチで横になり
人の群れの視線が刺さる圧迫を感じていた。


しかし数日もすると
それはただの雑踏に変わり
なにも感じなくなったが。




動物園を出て
上野公園と不忍池をぶらつく。


学生時代に絵を描くため何度となく訪れた。
懐かしい思い出だ。


風景を描いていると
大勢の人が通りすがりにスケッチブックを覗き込むが
気にはならなかった。


絵のことだけを考える幸せな時間だったからだ。




この日は大道芸が何人かでそれぞれにやっていた。
息子に見せようと聴衆に加わる。





とても面白く
楽しく笑えたのは久しぶりだった。


終わりしなに「お金ください」と
はっきり聴衆に言う件までも面白く
いい思い出になったと金を出そうとするも生活費用の万券しかない。


さすがに万券を渡すことは出来ず
少し歩いて売店で温かい飲み物を2本買って戻る。


演目が終わり聴衆がいなくなっていたため
画像の彼しかおらず気恥ずかしかったが


楽しかったよ、ありがとうと
寒い中の演奏で指がかじかんではと思い温かい飲み物と
楽しかった対価として2000円を手渡した。


戻ってきて金を払ったことに
大道芸の彼は驚いた様子だったが
喜んでくれたようだ。




気付くと息子は
ベビーカーに揺られ夢の中にあった。


息子も私も楽しい1日となった。


ありがとう。








追記



EPPAI -2017- official movie