ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

自分がされたら嫌なことは他の人にもしない

いつものスーパーで買い物をする。


息子のガチャガチャをしたいという希望により
ガチャガチャコーナーに足を運ぶ。


すると、息子より身体の小さい
2歳以下と思われる女の子がガチャガチャに張り付いている。
なぜか親らしき大人が見当たらない。


息子も吸い込まれるように
なぜか同じガチャガチャに張り付いた。


息子は小さな女の子が
ガチャガチャに張り付いているのが気に入らないらしく
ガチャガチャから離そうとして女の子の右肩をぐいと押した。
女の子はきょとんとして見つめている。




私はここだと思い
いつもどおりの調子で息子に声を掛ける。


「なんで女の子を押したんだい?」
息子は黙ってガチャガチャに張り付き女の子を見ている。


私は息子がやったように
ぐいと息子の肩を押して言う。


「こんなふうに押されたら嫌だろう?」
さらにもう1度、前より少し強めにぐんっと押す。


息子は無言で頷いた。


「肩を押してごめんね。」
私は2歳以下と思われる女の子に謝罪した。
女の子は理解できていない様子で次第を見ている。


すると女の子に父親が自動ドアの外から小走りに近寄り
「ごめんなさいね」と女の子を抱き上げ、さっと出て行った。
ガチャガチャをするのに女の子が邪魔をしているとおもったようだ。




自分がされたら嫌なことは他の人にもしない。
息子にそう伝えている。


翻って自身もまた
自分がされたら嫌なことは息子にもしない、を肝に銘じる。



躾けよう育てよう(支配)よりも先に
手本になるべく私(父親)が行動できているかを意識したい。


ありがとう。