ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

元ホームレス、猫を飼う

その猫は捨てられ

宿無しの身となった。




猫が穏やかに暮らしていたかどうか

私は知らない。


近所の噂では

児童虐待や家庭内暴力があり

母子は逃げ出し、父親は行方をくらませ

猫は捨てられたという。


そうして猫は野良となった。


初めて見る私に物怖じせず近づいては

足に擦り寄ってくる

人なつこい可愛げがあった。


2歳児が触っても穏やかで逃げず

この猫であれば一緒に暮らしていきたい。


そう思ったが

我が家は職場から借りており

許可を得る必要があった。




すぐに許可は得られたが

産まれたばかりの子がいる状態で

新しく猫を飼うのは如何なものかと物言いが付いた。


猫を飼うことに無知であった私は躊躇い

日が空いた。


そうこうするうちに

野良猫を地域猫と呼び給餌する

近所では悪評の高い高齢女性が猫を保護した。


まもなく里親募集の告知がなされた。



その女性は私の顧客であり

近所の知り合いとして挨拶を交わす程度は知っていた。


ゴミ出しの際に顔を合わせ

里親がなかなか見つからないと女性は言う。


もし里親が決まらないのであれば

私が引き取りましょう

ただし、産まれたばかりの赤子がいるため

少し待ってほしいと伝えた。


赤子はすくすくと育ち

寝返りをうっては

じきに動き出しそうなほど大きくなった。


そして今日

猫に給餌する女性から猫を譲り受けた。




しかし

猫の様子は以前と違っていた。


足に擦り寄ってくる人なつこさは消え

ケージから出てこず

怯えたような目で私と視線を合わせない。



女性は保護している間中

女性宅の飼い猫と馴れ合わないように

ケージから出さなかったという。


赤子が寝返りをうつまで

およそ8ヶ月。


猫は、人間を疑う目つきに変わっていた。




私は後悔した。

すぐに引き取ってやればよかったと。


怯えてケージから出てこない猫を見るに悲しくなり

罪悪感が募る。




人間の勝手な都合で

捨てられ、閉じ込められして

心を閉ざしてしまった猫。



彼には時間が必要だ。

怯えている。



これからは

ケージの扉は常に開いている。


彼の心も同じように

開いてくれるよう努力したい。


ありがとう。