ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

生活の糧と精神の糧(くだらないこと)

帰省を終えたが

予想以上に疲れている。


微熱(検温せず)、鼻水、目の痛み、痰

だいぶ長いこと症状が続いている。




かみさんと何かのニュースについて

何とは無しにした世間話の中で伝えた。




くだらないことを大切にしてほしい。




ゲーム、漫画、アニメ

「くだらないもの」と否定されがちだ。


実際、それらはくだらない。

無くても生きることが可能な、取るに足らないもの。



栄養を摂り

睡眠をして身体を休め

収入を得ては生活の糧とする。


それ以外のおおよそは

くだらないこと。




御近所さんに高齢の男性がいる。


彼は仕事熱心で

朝早くから寝るまで働いた。


歳をとり仕事を引退した。


高齢となった彼は

やることがないことと

仕事しか知らず人付き合いの無い孤独が悩みだ。



また別の

やはり高齢の男性だが

酒が好きで顔が広く

多種多様な人物と関わりが深い。


だが高齢により

酒が呑めない身体になった。


彼は酒以外に

人との付き合いを知らず

将棋や麻雀もやらなかった。


彼もまた

やることがないことと


顔は広いが酒を介さない付き合いを持たず

孤独が悩みだ。




この高齢の男性らは

充分に栄養と睡眠を取り

収入には困らない。


生活の糧は充分にある。

しかして精神の糧はどうか。


今日に喜びを感じられる糧はあるか。


それらは高齢者に限らず

自身にも問われる。




無駄を省いて生きること

ミニマリストの全てが幸せだと私は思わない。


他人から見て

無価値な、無駄な、くだらない時間こそ

大切にしてほしい。




くだらないことに耽っては

生きる糧を失う。


大切にすることと

耽ることは同義に非ず。




かみさんは三十路を過ぎたが

少年ジャンプを欠かさず購入している。


家事育児に忙殺されながらも

時間を作りして観ている。


くだらないことだが

それを大切にしなさいと伝えてある。



私自身もまた

くだらない時間を大切にしたい。



微熱のせいか寝言みたいだ。


ありがとう。