ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

父、歯医者に通い始める

最近になり
長らく放置していた歯を治すため
私は歯医者に通い始めた。




どうせ私は長くない
故に、痛みもしない歯を治したところで
なにか変わるわけでもなし
身体が朽ちていくにまかせて歯も朽ちよう。


これまではそう考えていた。


どうあっても
この身体の不可逆を変えることはできないのだから。


しかし
その前向きでない生くる姿勢を見る子らはどう思うか。






かの亜聖は自暴の者を説いている。


子らに生きる希望を持ってほしいと願いながら
自分はもう長くは無いと生くる姿勢を見せずして
どうして子らに生きる希望が育とうか。


父というよりも
人としての未熟を考え方に感じる。




子らが私を偲ぶとき
父の表情は病への自暴のそれではなく
共に生きることができた喜びの笑顔でありますように。


少しずつ、善く生きたい。


私自身が
私の理想の人格に
近づく努力を惜しまぬように
心掛けたい。





3歳児の口臭は
白飯を焼き海苔で巻いて醤油をちょんとつけるだけの
海苔巻きを好きなだけ食べてもらうことで
かなり改善した。


1歳児も焼き海苔が好きで
便乗して大量に焼き海苔を頬張り
翌日には真っ黒い大量の排便を見せて私を驚かせている。



3歳児は
刺身、タコ、シラス、サバ、さんま、いくら、えび、鮭フレークなど
海の幸が大好きで食べてくれる。


いつか寿司屋で食事をしたい。


ありがとう。