ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

ベルフェゴールへの返答

今朝、別れ話が喉元まで出かかるが
軽々に口にすることではないと呑みこんだ。




昨日の昼
昼食のため帰宅するも
かみさんと子らは福祉センターか何かに遊びに行っている様子。


昼には帰るはずだと
昼食を整えようと食材を見る。


すると、買ってから4日めの
かぼちゃとジャガイモが手つかずである。


私は落胆した。
また食材を腐らせる気だろうかと。


私は昼食を諦め
湯を沸かして、かぼちゃを切り
砂糖、塩、醤油、みりん、だし汁を入れて
かぼちゃを煮る。


煮ながらジャガイモの皮を剥く。
かみさんと子らが帰ってくる。


そろそろ休憩終了の時刻だ。


私は白飯に卵を落とし
醤油をかけて胃に流し込んで仕事に出る。




その晩かみさんは
かぼちゃがあるのに気づかなかったという。


私は言葉もなく
風呂に入った。


風呂から上がると
かみさんが言う。
「なんで子供を産んだんだろうと悩むときがある。」


この台詞を
かみさんから聞くのは2度目だ。


子らを前にして
その台詞を吐いて見せるかみさんの無配慮に
私は落胆した。


「なぜ生まれてきたのか
 生きることに幼い頃から悩み続けてきた
 俺の自問に似ている。」


私が言うと
かみさんは食後に注いだ熱いコーヒーを口にした。




そして今朝
8時にかみさんが起床。


かみさんは深夜2~3時まで
スマホで遊んでいるから起きれない。


専業主婦で夜遅くまでゲームに耽り
朝に旦那や子らより遅く起きてくることを
私の感覚では疑問符が付く。


3歳児が曰く
片付けをするかみさんが「めんどくさい」とこぼすらしい。


子の前で「めんどくさい」とこぼさば
当然に子は片付けがめんどくさいものと覚える。


「きれいになると(片付けると)気持ちがいいね」と声がけしてほしいが。





昼食を取りに帰ると
かみさんと子らが幼稚園から戻った。


かみさんは
かみさんなりに頑張ってくれている。


私の思う通りが唯一絶対ではないし
完全無欠で正しいわけでもない。



例え食材を
何度もうっかり腐らせようとも


例え子らの前で
無配慮な言葉を吐いても


例え夜通しスマホで遊んで
朝に起きられずとも


例え彼女の行動に
何度も落胆しようとも


それが何だというのだろうか。


1歳児と共に
ソファで笑うかみさんを見て
思い直した。


私が、私の理想とする母親像を
彼女に押し付けていたのだと。




親は、最初から親として存在しない。


子の成長とともに
親も親として成長していく。




もしベルフェゴールが私の前を横切るなら
私はこう声を掛けよう。


「私は結婚して幸せだ。
 なぜなら、私自身の行いを省みさせてくれる
 家族がいるからだ。」


自身の行いを省みることで
社会に生くる人間としての成長をさせてくれる。


私を成長させてくれる
かみさんと子らに伝えよう。


ありがとうと。