ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

クリスマス トーマスといっぱい貨車セット

クリスマスイブ
どういう日にしようか考えていたが


この1年を共に楽しく生きてくれた感謝を込めて
家族の要望に応えようと思った。




3歳児が動物園に行きたいというので
久しぶりに上野動物園に足を運ぶ。


この日は空気が冷たく
寒い動物園ではあったが
パンダのシャンシャン効果で盛況な様子。


シャンシャンには興味がなく
親パンダを観れば3歳児も満足気だ。


寒いため爬虫類館は温かいはずと駆け込んだ。



何度も動物園には来ていたが
私より大きい巨大なワニがいることを知らなかった。


恐竜好きな3歳児も
本物の巨大なワニを見て
恐怖から近付くことをせず。


私自身が巨大なワニを見れたことは嬉しかった。
しかし水槽が小さく可哀そうな気がした。




かみさんがスマホを1歳児に持たせたまま
ベビーカーを押しており
案の定スマホが無いと騒ぎだした。


どこに落としたものか。
もう諦めたほうがいいと伝えると
かみさんはしょんぼりしてしまった。


念のためゲートまで行って訊ねると
落とし物として届いていた。


こういうときこそ
どこかに届いているかもしれない探してみようと
前向きに勇気づける声を掛けをすべきだったと
自分の不甲斐なさを恥じた。


お詫びではないが
1個450円の肉まんを2個買い
かみさんに渡すと笑顔。





上野ヤマシロ屋で
トーマスといっぱい貨車セット
手コロで鳴るハロルド、転車台、跳ね橋を購入。


貨車セットは
ネットで調べると5000円程度だが
売り場で買うと6500円程度。


ネットでもいいが
売り場でいっぱいある玩具を直接に見て
どれを買うか自分で選ぶことを
3歳児に楽しんでもらいたかった。


彼は貨車セットをとても喜び
転車台や跳ね橋なども含めて


これまでに買っていた
消防機関車ベルや線路を引っ張り出しては
22時近くまで遊んでいた。


普段は20時就寝だが
クリスマスは特別に夜更かしを許した。


1歳児が先に寝て邪魔される心配が無くなり
彼は思う存分、部屋中に線路を並べては楽しんでいた。


それを見て
私も嬉しかった。




1歳児には
電池で動くウサギの玩具を買ってはみたが
あまりお気に召さなかったようだ。


1歳児には
衣類や食べ物のほうがいいようだ。




概ね、なんとか
幸せな1日になったような気がする。


私の未熟さから
いろいろと気を揉んだりもしたが
いい年だった。



ホームレスであった私が
いまこの生活が送れるのも
多くの方々のお力添えを頂けたから。


この感謝を忘れることなく


来年も
より素晴らしい年にできるよう
心掛けたい。


ありがとう。