ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

3歳児の 私は愛されているか

16時

比較的に暖かく

久しぶりに公園で3歳児と遊ぶ。



こうして私と遊んでくれるときが

あとどれだけあるだろうか。



ブランコに私が座ると

彼は私の膝の上に座り


笑顔で私を見上げ

その後頭部で私の胸を強打しては笑っている。




17時30分を過ぎた。


公園から帰宅

間髪入れず風呂に入ろうと促す。


身体は冷え

砂遊びで汚れている。



彼は入浴を拒む。


私は強い調子で早く入れと

再度促す。


先に入浴しているかみさんと1歳児が

3歳児を迎えた。



私は疲れ

足の付け根が酷く痛んでいた。


この数日、痛みが続いている。


冷蔵庫からチョコを取り出し

1枚平らげてから私も風呂に入る。



家族4人で入浴。


どうしても狭くなるが

それが苦痛と感じることは

1人もいない。




「お父さんは嫌いだから怒るんじゃないよ。」


かみさんが3歳児にいう。



何のことか訊ねると

私に風呂に入れと強く言われたことを気に病んでいるらしい。


「おっとーは、ぼくのこときらいなんだろうか。」


というような疑念を

3歳児はかみさんに訊ねたようだ。




この既視感

遥か以前にもあった。


「わたしは、ひろわれてきた子なの。」


20数年前

親戚の若夫婦の3歳程度になる娘が

私に悩みを告白したことがある。


若夫婦を結婚する前から見ており

その娘が生まれたときの

喜んでいる若夫婦を知っていたから


その娘の悩みが

なんとも可笑しかったが。




人は「私は愛されているか」に悩み続ける。


彼は、そのステージに入った。

心的な成長を感じる。


このステージからさらに

子らとの人間関係を意識して

丁寧に関わりたい。


大人にとって些細な日常のルーチンでも

3歳児には毎回が何某かを学び往くステージ。


気を付けてあげたい。




「俺は、嫌いな人と一緒に遊んだりしないよ。」


私は深く考えず

3歳児に伝えた。


3歳児は笑顔だったが

私は回りくどい私の言葉を反省した。




深夜3時


炬燵でブログをやっていると

3歳児が寝室から出て

私の隣に潜り込み寝ている。


朝になったら

回りくどい言い回しをせず

安心させてあげたい。



「おっとーは、◯ちゃんが大好きだよ。」



自分の気持ちを

相手に伝えられる人に

なりますように



ありがとう。