ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

ねこ1周年目の嘔吐

先日に猫が何回かに分けて
エサをそのまま吐き出している。


エサくれと鳴くと
腹いっぱいになるほど与えていたため
食べすぎであろうと量を減らした。


しばらく調子を見ていたが、吐かず。
大丈夫かと思われたが昨晩になり
胃液のような吐き方をした。


エサが多すぎても吐き
少なくても吐くようだ。


エサの量感がつかめず悩ましい。


腹を空かせて可哀そうなことをしたと
猫に謝り、頭をひとつ撫でると
にゃあと返してくれた。





彼が来てから
そろそろ1年を迎えようとしている。


いまでは子らとも仲良くなり
就寝は私の布団の上で丸くなっている。



上記ブログには記し忘れたが
彼が野良に放たれたとき
猫3~4匹と犬1匹が
その家庭の事情で野に捨てられたという噂であった。



たしかに彼とそっくりな猫が2~3匹おり
人が近づいても逃げず、人慣れしている。


彼の兄弟たちを飼ってやりたい気持ちはあるが
残念ながら私にその余裕がない。


彼らは近所にいつもいるため
3歳児が猫を見つけると
「うちのにゃんにゃんににてるね!」と叫ぶ。


そうだねとの返事をするのが心苦しい。





AC 殺処分についてとてもすばらしいCMです。


犬小屋と鉄檻に浮かぶメッセージを
何度見ても目頭が熱くなる。


「命を飼う覚悟」という表現は、生命に対して
ふさわしくない気がしている。


「共に生きる覚悟」でありたい。




彼は子らに多くを教えてくれる。


彼がいつか尽きる最後の日に(考えたくはないが)
子らに生命が何かを伝えてくれるはずだ。


それまでは仲良くやりたい。




彼のエサの量感を
かみさんと再考したい。


ありがとう。