ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

父 尻の穴を患う

昨晩は退勤後より
室内で子らと遊びして風呂に入らず。


今朝、シャワーを浴びると
尻に違和感。


なにかできてる。
スマホで自分の尻の穴を動画で撮影。


尻の穴をまじまじと見るなんて気持ちが悪いが
肛門付近に、やはり何かイボのようなものがある。


いまのところ痛みは無い。





6~7年前から2度ほど
強力な便秘に苦しんだことがある。


当時、私は介護員を務めており
看護師の行う高齢利用者の摘便に立ち会うことは珍しくなく
指で(ディスポ=ビニール手袋を装着)便をかき出す作業を見慣れていた。



便秘による吐き気・肛門の痛みと闘いながら
7時間ほど便座に座り続けても便が出ず


綿棒で肛門を突き
固くなった便をほぐして出そうと試みるも出ず。


やむなく指で固くなった便を少しずつ穿り出し
なんとか生き延びたことがある。


生き延びたという表現になるほど
便秘の痛み苦しみは酷い。




固くなった便を
綿棒なり指なりでほぐすのは
強烈な痛みを伴うが


便秘の苦しみは
さらに壮絶であるため
摘便を試みるよりほかになかった。


肛門の糞をほじくりながら
強まる痛みに救急車を呼ぼうかと
真剣に7時間の間に何度も考えたものだった。



以来、通じには自信がない。


便秘の痛みを思い返すと
本当に恐ろしくて
少しの不安でも下剤を服用するようになった。




これらが遠因になったのか
それともやはり身体の疲れからの異常か。


そういえばしばらく前から
痛みは無いが
右足の内側の楔状骨(けつじょうこつ)付近に
小指の爪ほどのイボができている。


関係があるかどうかはわからないが。





年寄りイボなるものもあるらしい。


6年くらい前になろうか
脳神経の医師より
90歳の身体だと宣告されている。


高齢者の症状が出たとしても
何ら驚きはない。




「おっとーしゃんと
 はなればなれになるの、いやだよ。
 いっしょにいたいよ。」


3歳児が私の身を案じて言う。
 
身体に疲れが溜まっているだとか
入院や手術の可能性があるとか無いとか
話題にするだけでも
子らに不安を与えてしまう。


気を付けたい。




尻のできものの話の流れで大仰だが


最近になり思うのは
このブログが
子らへ向けた遺書になる気がしている。


子らが大きくなり、父と話をしたいとき
私はそれができない状態にあるかもしれない。



3年前の体力がもはや無い
緩やかだが確実に弱ってきているという実感がある。


私のくだらないペシミズムかもしれないし
そう言っておきながら40~50年を生きるかもしれない。




公園のベンチで思ったときと同じことを
いまも思う。


この命が繋ぐも閉ざすも
天が導くままに。


生命は必ず、いつかは尽きる。


いま尽きても
よく生きたと思える生き方をしていきたい。




私の体調の悪さと反比例して
子らは元気に
想像以上に
心身ともに良く育ってくれている。


彼らとともに生きたい。


ありがとう。