ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

1歳6ヶ月 近況

下の子は1歳6ヶ月になる。


上の子がそれぐらいのとき
どうであったか
もうほとんど覚えていない。


2年前に引っ越してきたときが
上の子は1歳6ヶ月あたりだったか。


上の子が1歳7~8ヶ月くらいで
電車に揺られて1時間して
池袋の公園で遊んでいた気がする。



「あっち行こう」
「これ捨てて」
「食べる?」
「パンツとってきて」
「(皿を)流しに置いてきて」
「ねんねしようか」
「テレビ見るの?」
「お風呂はいろう」
「お尻きれいにしよう」


1歳6ヶ月児は
話せないながらも
聞いて理解し、行動している。




かみさんが離乳食をほとんど作らず
1歳児は母乳と常食の一部を並行して摂っている。




1歳児は
自身や誰かがこぼした液体(水、牛乳など)を
台拭きやティッシュで拭こうとする。


拭き取れてはいないが
拭く動作、拭く意識がある。




上の子も洗濯物を手洗濯ネットに入れる伝ってくれたが
下の子も同じように手伝い始めている。


と言っても
「洗濯ネットのチャックを引っ張る」が
いまのところの彼女の仕事だ。




3歳児、1歳児ともに
私の帰宅を歓喜の奇声で迎えてくれる。


私「ただいま」
1歳児「きぃぃぃえええええええええ!!!」
3歳児「おっとおおしゃあああん!!おっかえっりいいいいいい!!!」


私「おおう!出迎えありがとうー!ハイタッチ!タああああっち!!」
子らとハイタッチを交わす。


気持ちを明るく上向きにする動作として
生活の節目節目で
子らとハイタッチしていく。


介護員時代の研修で
ハイタッチの効果について教えられた。


起床し、おはよう。ハイタッチ
ごはんを全部食べれたね。ハイタッチ。




この人と一緒にいると
気持ちが明るくなる
楽しいと思ってくれるような関係構築に努めたい。


その成果があり
家族は仲良く問題ないようにいまのところ見える。


しかし、家族の仲良しも度が過ぎると
他との関係(友達や社会)の構築に悪影響するかもしれない。



実際、私と一緒にいたいから
幼稚園に行きたくないと
3歳児が不満をこぼすことがある。


私が仕事の時間は、どっちにしろ一緒に遊べないんだから
幼稚園で友達と遊んでおいでと声がけすると3歳児は納得している。


気を付けてあげたい。




もうしばらくしたら
3歳児と1歳児と外出し
かみさんが1人で休める機会を作りたい。


ありがとう。