ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

絵本 おかあさん だいすきだよ



3歳児が絵本を読んでほしいというので
私は「おかあさん だいすきだよ」を手に取って開く。


私は声を大きくして読み聞かせる。








おかあさんは
「はやく起きなさい!
 幼稚園、遅れるよ!」
っていうけど、、


「」内の台詞は
いつも3歳児が言われているように


やや早口の
きつい語調で
乱暴な雰囲気で
吐き捨てるように読み上げる。







やさしく、おはようって、言いながら
ぎゅって、だっこしてくれたら



ぼくね


おかあさんのこと


だいすきだよ




ページをめくり
ややゆっくりめに優しく
子供のような話し方で読み上げる。


自分で読み上げていくうちに
涙が零れ落ちそうになる。




次の日の夕食後
3歳児と1歳児はテレビとパソコンの動画を観ている。


私は早めに食べ終わり
まだ食べているかみさんに言う。


「絵本、読んであげるね!」
かみさんはキョトンとしている。




絵本の中の冷たい台詞は
普段に子らに対して
思わず言ってしまうものばかりだ。


はやくしてよ!
はやくたべてよ!
あそんでばっかり!
おふろはいんなさい!




そうした言葉を
親が冷たく
子にぶつけるとき


絵本の男児が思う言葉が
胸に刺さる。




ぼくね


おかあさんのこと


だいすきだよ





読んでいるうちに
3歳児は私の膝に座り聞いている。


涙が零れ落ちそうになりながらも読み終え
かみさんを見ると


かみさんは
大粒の涙を落としていた。




子供に読み聞かせたい絵本というよりは
親に聴いてほしい絵本。



いい買い物をしたと思う。


ありがとう。