ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

1歳児の茶色い歯間は誰のせいか

今朝
やっと生えそろってきた1歳児の前歯の歯間が
かなり茶色く汚れている。


歯磨きをしていないから
このままでは虫歯になってしまう。


かみさんは上の子の歯磨きは熱心にしてくれていたが
この1歳児に至っては
歯磨きをしているのを目にしていない。


もしかしたらすでに虫歯菌が
発生しているかもしれない。


1歳児の歯が汚くなってきているようだから
歯磨きをしてほしいと数日前から度々伝えてはいたが。


1歳児が口を付けたものを食べないよう3歳児に促し
私は出勤した。




「☆ちゃんが虫歯になったのは私のせい


 って言われて
 気持ちが大きく凹んで
 子供たちに当たり散らしちゃいそうだから
 ショッピングモールに行って買い物してきます


 欲しいものもあったし」(固有名詞以外原文まま)




仕事中にかみさんからメールが届いた。
やれやれと私は内心で溜息を漏らす。






1歳児が虫歯になったかどうかはわからないが
虫歯になったとして
その責任は誰にあるか。



それはやはり私だろう。


私はかみさんを信頼して
1歳児の歯磨きをお願いしていたが
しているようではないことに薄々気付いていた。


かみさんはなぜか
上の子のように一所懸命には
下の子の歯を磨こうとしない。


1歳児は19時頃には就寝するため
私は3歳児の仕上げ磨きはするものの
1歳児を見てやれなかった。


かみさんが歯磨きをしないと気付きながら
そのまま任せてしまっていた
私のせい(責任)だ。




私が幼い頃
頭垢が瘡蓋のように頭皮にこびりつき
べりべりと剥がしては
これはなんだろうかと
訝しんで眺めていた。


斜頭症によって大きく歪んだ私の頭を
母親は触りたくなかった。


故に洗うことなく放置され
歪んだ頭は頭垢がこびりついた。




お兄ちゃんには虫歯が無いのに
わたしの歯は虫歯でいっぱいなのはなぜだろう、と
☆ちゃんに考えさせたくない。


そんな悲しい気持ちを
我が子にさせたくない。




歯磨きは
食べることと同じくらい大切だ。


1歳児の歯磨きを
もう1度、考えたい。


1歳児の歯を守ってやりたい。



ありがとう。