ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

家事を疎かにする妻のスマホゲームをどう考えるか

昼食で帰宅


家の中は静かだ。

1歳児が昼寝をしているのだろう。


私は玄関ドアを音を立てずに閉める。


気配を消すことには

無駄に自身がある。


私は音も無く居間に入ると

子らが遊んだ玩具が散乱している。


寝室を覗くと

昼寝をする1歳児の傍で

かみさんがスマホでゲームをしている。


かみさんは私に気付くと

愛想笑いして

昼食の支度に取り掛かる。




「午前中って、いつも何やってるんだい?」


いつも思う疑問が

口を突いて出た。


かみさんは口籠りながらも言う。

「☆ちゃんと一緒寝ちゃってた。」



今日、どう過ごしたかを訊いているのではなく

いつも、どう過ごしているかを訊いたのだが。


私は何も返さず

黙るを決め込んだ。




かみさんは掃除をしない専業主婦だ。


しないと言うと語弊がある。

ろくにしない専業主婦だ。


かみさんをディスりたいわけではないし

愚痴をこぼしたいわけでもない。




今年の初めに

ゲーム障害のニュースを見る。


ゲーム依存症、ゲーム中毒などと呼ばれる状態を

WHOが国際疾病分類に加えるという。


私はかみさんのスマホゲームに

それを想起する。




私が小学生の頃

授業中にトイレに何度も立つ私を

女教師は私がふざけていると思い

強烈に叱責した。


私は女教師の怒るさまが怖く

トイレに行きたいと訴え出ることが出来ず

授業中に漏らしてしまう。


これにより受診し

難病を発症していることがわかった。



何を言いたいのかというと


病気と認識されるまでは

状態の異常を

理解してもらえない辛さがあるということ。




かみさんがスマホゲームを

日中深夜を問わずに興じて


日中に眠くなり

家事を疎かにする。




3歳児が背中が痒いと

風呂上がりに訴えていた。


私は掃除されない環境が原因だと思ったが

言わなかった。


3歳児には

背中を洗いなさいと伝えた。




録画したアンパンマンや

パソコンの動画で子らは大人しくなる。


その間に

かみさんはすかさず

スマホでゲームをしている。


私がいるときでさえこれだ。




かみさんが先日に

3歳児がお父さんと結婚したいと言っていたと笑っていた。


私は笑えなかった。


なぜ、3歳児はお母さんと言わなかったのか。

私にはわかる気がして

悲しい気持ちになった。




かみさんのスマホゲームは

依存症の入り口あたりだと私は見ている。


そのために

黙るを決め込んだ。


私が言えば

それはストレスとなり

子らに跳ね返る。




かみさんに叩かれたことがあるか

3歳児に訊いたとき

3歳児はあると答えている。




子を叩くのは親の甘えだ。


親が説明する(子に寄り添う)時間を渋り

暴力で解決を図る悪手。


子に寄り添う時間を渋って

親が何をしているか。


ゲームのレベルを1上げることに

心血をそそぐ愚。




人は見ることを好むが

見続けることを嫌う。


子の成長でさえ見続けることが苦になり

別の何かに気を取られる。


大切なものが綻びていくことにも

気付きさえもせず。




かみさんに

心療内科の受診を勧めるか

考えている。


スマホゲームに関しては

黙るを決めるが


子を叩くことは言わなければならない。


私は体罰を

部分的に容認する考え方を持つが


親の説明不足を棚に上げた暴力は

認められない。




かみさんと

子らを守りたい。



ありがとう。