ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

1歳児の虫歯

かみさんが子らを連れて歯医者に行く。


3歳児は問題ないが
1歳児の娘が虫歯になり始めているとメールがくる。






私は帰宅すると
すぐ1歳児とともに入浴する。


1歳児は気持ちよく入浴してくれる。


私は1歳児の歯ブラシを手に取り
歯磨きをしようと試みるも
頑な拒否(+)


歯ブラシを口に入れようとしているだけで
そのうちに泣き出してしまった。


その泣き声は
殴られ叩かれする虐待を受けているかのような
大声で助けを呼ぶような声だ。



いつもの私であれば
泣いて嫌がることをしないが
私にはこの時間しか1歳児の歯を磨く時間が作れない。


ぎゃあぎゃあと助けを呼ぶようにして叫び泣く1歳児。
幸いにも泣くと口が開く。


開いた口から
素早く、しかし優しく歯ブラシで歯を磨く。


2~3度ほど歯ブラシを動かしては口から離して
口を開け泣いているところを素早く短く磨くを繰り返す。


1歳児の身体を押さえつけたり
無理矢理に歯ブラシを押し込むようなことはしない。


身体を抑えずとも
風呂桶の中で泣く1歳児に逃げ場はなく直立不動だ。
泣くために口は開いている。




この1歳児の大きな悲鳴を事情を知らない人が聞けば
家人に殴られているか
タバコの火でも押し付けらしていると思われてもおかしくない。


それほどの迫力で
歯磨きを拒否し泣く。


私は歯ブラシをちょんちょんと1歳児の口に入れ
短く歯を磨いているだけだ。




嫌がることをしたくはない。
何度もブログに記してきたように。


しかし私が歯磨きをやらなければ
1歳児は虫歯で悲鳴を上げることになる。




末子と長子に愛情の差を付けないでくれと
かみさんには幾度となく伝えてある。


かみさんが
なぜ1歳児の歯を磨いてあげないのか
私にはわからない。


これが末子と長子への愛情の差なのだろうかと。


そう考えたくはないが。




1歳児の歯を守ってやれなかった。
これからは私が
1歳児の虫歯が増えないように磨く。


1歳児に対し
申し訳なさが募る。



1歳にして虫歯だなんて


悲しい。