ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

3歳児の近況

3歳児が

私の予想を上回る成長を見せている。



夕食後

3歳児はソファの背もたれに腹を乗せ

くの字になったかと思うと


そのまま頭からソファの座席を前転して滑り

着地して笑顔を見せる。


突然のことに

私が目を丸くすると

その表情が面白かったのか

彼は何度もソファで前転をして見せる。



兄の行動を見ていた1歳児が

それを真似して


ソファの背もたれに

くの字になって頭から滑り


座席部分に顔で着地しては

満足気に笑顔を見せる。




ふざけるなとは言わないが

ふざけているときが一番ケガしやすい


自分や誰かが痛い思いをするような

ふざけかたはしないように

3歳児には伝えてある。



彼は1歳児にぶつかりそうなときなど

危ないと判断すると

行動を自重するようになっている。




先日、体育館のような施設に行った際に

児童用のボルダリングの壁を

3歳児はするすると登って見せている。


彼は日頃から嘯く。

「ニンジャになりたい。つよくなりたい。」


これは私が身体が虚弱なため

1.5リットルのコーラのペットボトルを

筋トレとして持ち上げては


強くなればあんなことやこんなことができるんだと

動画を見せして聞かせているからかもしれない。




テレビに録画したジュラシックパークを

3歳児は観ている。


30〜40分に分けて何日かかけてだが

最初から最後まで観たのは

これが初めてかもしれない。


恐竜に人が襲われそうになると

テレビ画面から離れ

隠れて観ている。


「怖いなら、消すかい?」


私が訊ねると首を横に振り

テレビの前に戻り観ている。




残酷なシーンなどもあるが

私はジュラシックパークを許容範囲内とした。


私は秋葉原で10年ほど前にあった

殺人事件を思い出していた。


犯人の加藤は

親からテレビの視聴を厳しく制限されていたと

何かで読んだ。


それ以外にも

国内外の凶悪・猟奇犯罪者や

親殺しをする子の生い立ちを知るに

厳格な親というキーワードを度々に見る。


エンターテイメントを

どこまで許容範囲とするかは

その親の考え方によるだろうが

家族で楽しめる範囲であれば許容していきたい。


幼児と対峙するとき

厳格ではなく寛容でありたい。




幼児が1人で観る環境を避け

一緒に視聴して話しながら見たい。


映画に限らず

テレビのバラエティであったり

いつも観るアニメや動画でも

幼児が1人で孤独に観ることを

出来るだけ避けたい。


1人孤独に観る習慣ができれば

いつか大きな落とし穴になりはしないかと

考えてしまう。




かみさんが

子供用のスケボーを買ってきた。


3歳児はあまり興味を示していないが

1歳児が食いついている。


近いうちに

どこか安全な場所で

子らと一緒に遊びたい。



ありがとう。