ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

3歳児の恐竜ブーム


かみさん曰く
もともとはアニメしまじろうに1話だけ登場した
恐竜のキャラクターが3歳児の恐竜ブームの発露だという。


その頃より3歳児は
「きょーりゅー、きょーりゅー」と話し
興味を持ち始めた。


3歳児にとって動物の情報が
やや飽和しつつあるタイミングで
現在では存在しない太古の生物を知り
神秘的に感じたのかもしれない。



私はほどなくして図鑑を彼に贈る。
恐竜が記された図鑑は増え
4冊になった。


彼が恐竜を好むため
かみさんは彼が着る衣類の柄を
車・新幹線などの乗り物から恐竜模様にシフトし
ステゴサウルスを着ている。


絵本でもティラノサウルスのシリーズが4冊になった。
このシリーズは恐竜だからというよりも
その物語を私が好むため増えている。


売り場にある分だけ買ったので
全ては揃っていない。



上野の科学博物館に足を運び
恐竜の化石を見ては喜び


パソコンでダウンロードする動画も
恐竜関連を増やし


彼が1日1時間ほど視聴できるタブレットでの動画も
恐竜をリクエストする回数が増えた。



こうして3歳児は
室内で遊ぶお気に入りの玩具の変遷をひとつ増やす。


ブロック→ガチャガチャ→ミニカー→プラレール→恐竜


他の玩具を遊ばなくなったわけではない。
恐竜で遊ぶ時間が増えただけで
他の玩具も彼にとって大切なものに変わりない。




先日にテレビ録画で
ジュラシックパークを3歳児は観ている。
人が食われる残酷な描写もあるが許容範囲としている。


映画公開のため
ジュラシックワールドも放送され
3歳児は「これ!みたかったんだよね!」と
録画を何度も繰り返し観ている。


パソコンでダウンロードして観ていたのは
ジュラシックワールドのワンシーンであり
ようやく物語の全容を観ることが叶ったわけだ。


DVDを買おうと思っていたが
DVD自体の取り扱いをする店が無いため歯痒い思いでいた。
テレビでやってくれてよかった。





今夏、また上野の科学博物館に
子らと共に見に行くつもりでいる。


恐竜博士になってほしいわけではない。
興味を持ったこと、知ることに前向きな姿勢で生きてほしい。


3歳児なりに増えた知識で見る恐竜の化石は
また違う感動を与えてくれるだろう。


子らの成長が楽しみだ。
子らと楽しんで恐竜を見たい。


ありがとう。