ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

妻と子の帰省中に、父が一人でしたこと

かみさんと子らが
帰省から戻る。


子らは帰省で初めての海水浴に向かう予定でいたが
あいにく台風の接近により断念。


親父さんやお袋さん、妹らは
動物園、水族館、アンパンマンミュージアムなどに
子らを連れて行ってくれた。


子らは充実した帰省を楽しんだ様子だ。




かみさんらが帰省しているその間に私は
仕事を終え帰宅すると一人、暇を持て余す。


考えた末、以前より話には聞いていた
ラインスタンプを作ってみようと思い立つ。


かみさんの帰省前に
私はスマホにラインを入れたばかりだ。




最初に8個のスタンプを作り
審査がどんなものか試してみた。


1~2日で審査中となり
開始から4~5日後には販売を開始したようだ。


この8個のスタンプは審査を試すものだったので
販売は年間でゼロの見通しだ。




線画から色付けまでを含めて
3日かけて40個のスタンプを作り


作成に慣れてきたので
さらに2日間を使い
もう40個のスタンプを作った。



100円ショップで買った
ボールペンとスケッチブックで絵を描く。

スマホで撮り画像に保存

ラインクリエイターズスタジオ(スマホアプリ)で
いったん画像を保存することにより
自動的にスタンプのサイズになる

スタンプサイズにした画像を
お絵描きアプリのアイビスペイント(スマホアプリ)で
色付けと透過処理をして保存。

透過処理した画像を
ラインクリエイターズスタジオで保存して完成。




紙(無地)とペンとスマホがあれば
スタンプを作ることができる。


40個のスタンプが2セット
現在審査中だ。


販売から1か月後に
どの程度の売り上げになったか報告したい。


ありがとう。






追記
230カ国でスタンプを販売と記されているが
世界に230カ国も国の数があるのかという疑問。





なるほど。