ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

1歳児の 電気パチパチ

夕食を済ませ

就寝前


1歳児が居間の照明のスイッチをパチパチと

点けたり消したりを繰り返す。


かみさんは穏やかに注意を促していたが

1歳児はスイッチに戻りして

パチパチを何度もしている。



「いいかげんにしろ!

止めろって言ってんだろ!」



繰り返される照明のパチパチに

ついにかみさんが1歳児に

言葉を荒げて怒りをぶつけた。


寝室に連行される1歳児は

悲鳴のような泣き声をあげる。




歯磨きをしていた私は

歯ブラシをコップで濯いでから

洗面台の棚にそっとそれを置く。


居間に入ると

寝室から泣きながら逃げ出してきた1歳児と

追いかけてきた4歳児と鉢合せる。




「2人とも、ちょっと来てくれるかい。」


私の声掛けに

1歳児と4歳児は怪訝だ。


私は洗面台に戻り伝える。


「★ちゃん、このスイッチを

パチパチしてみようか。」


1歳児は私に抱き上げられ

脱衣所のスイッチに手を伸ばし

笑顔でパチパチとやる。



「◯ちゃんは、風呂のドアを開けてくれるかい。」


4歳児は怪訝なまま

風呂のドアを開ける。


「よし、じゃあ◯ちゃんは

風呂のスイッチをパチパチしてくれ。」


4歳児は笑顔に輝き

風呂の照明を点けたり消したり

スイッチをパチパチとやる。



「◯ちゃん、次はトイレのドアを

開けてくれるかい。」


私が何を言うのか

すでに理解している4歳児は

「うん!」と笑顔で頷きドアを開ける。



「ありがとう。

じゃあ今度は★ちゃんが風呂を。

◯ちゃんはトイレの電気を

パチパチしてみようか。」


私が言い終える前に

2人は笑顔でパチパチと始める。


「つけたりけしたりすんの、たのしー!」

4歳児がはしゃいでいる。





およそ1分前後だろうか

照明をパチパチして満足した子らに

歯ブラシを渡すと笑顔で居間に戻る。




子らが何かをしたがるとき

ダメだヤメろを強制するよりは


むしろ

やらせるほうが好手だ。



1歳児は

照明が点いたり消えたりするスイッチが楽しい。


居間はダメだが

こちらでどうぞとやれば

彼等は代替案に納得してくれる。


1分前後で

パチパチしたい気持ちは飽和し

満足する。



延々、親が「ダメだヤメろ」を繰り返して

子の「やってみたい」を気持ちを汲めないことを

私は悲しく思う。



電気の点けたり消したりが

スイッチや照明の寿命を縮めるとか

そんな理解は先のステージでいい。


まずは子ら自身が

部屋の照明の点けること消すことの装置を理解し

それが可能になった成長・嬉しさ・喜びを感じてほしい。



大人には当たり前のこと過ぎて逆に難しいが

自分がいる空間を明るくしたり暗くしたり

自在にできるのだ。

これが楽しくないはずがない。




危険がない限りは

まずは「やってみたい」を優先したい。


「ダメだヤメろ」の抑圧抑制は

カリギュラ効果だ。


親の目を盗んで「ダメだ」をやってしまう癖を付けさせるより

どうぞやってくださいのガス抜きを与えるほうを私は選びたい。


「親はどうせ行動の制限をするばかり」

という不満の積み重ねを避けたい。




電気パチパチなど

すぐに飽きてしなくなる。


怒るほどのことじゃない。


今日はかみさんのリソースがいっぱいだったようだ。

そういう日もあるさ。人間だからね。



電気パチパチを子らに促し

家族全員が笑顔で歯磨きを終え就寝した。




台風が雨を降らせているが

明日には晴れるだろう。




ありがとう。