ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

上野 科学博物館 昆虫展

休日


1歳児が下駄箱を開け

もぞもぞと中を覗き込んでいる。


「散歩でも、行くかい?」


私の声掛けに1歳児は

笑顔で大きく頷く。


4歳児も小躍りして身仕度を始める。




家族4人で目的地もなく外に出る。


時刻はまだ9時30分。


近所の公園は日差しがある。


ボールプールでもいいが

まだ開店まで時間がある。


ショッピングモールも同じ。




「上野にでも、行くかい?」

4歳児は上野といえば何かを理解している。


「おん!いいねえ!」


夏の間に科学博物館に連れて行きたかったが

酷い暑さのため行けずにいた。


この日の空は

夏らしい暑さだ。


日差しは軽やかに熱く

風は肌に涼しい。



電車で1時間30分ほど揺られして

久しぶりの上野に立つ。


科学博物館では昆虫展が催されており

今回の目的だ。



私の感想から記すなら

期待したほどではなかった。


私が無知であるが故に

この程度なのかなという気持ちが大きい。


「生きた虫」を期待していたが

ビデオと標本が並べてあるだけで

なんとなしに歩いて終わってしまった。


これならYouTubeで虫を見てたほうがいいような、、

とも考えたが、4歳児の笑顔が答えだ。


無知故に

凄さがわからなかった。




対照的に4歳児は

興奮気味にひとつひとつを観ては

声を上げている。


しかして残念なのは

ほとんど展内の全てが

4歳児の身長では人混みのため見るに見れないこと。


大人の目線の高さに合わせた展示になっているため

4歳児がどこまで見れたかは疑問だ。


しかしながら

4歳児に感想を訊ねると

大満足のようだ。



かみさんと1歳児とは

途中はぐれてしまった。


かみさん曰く

入り口付近の巨大昆虫模型に

1歳児は大興奮で

かなりの間を見ていたらしい。


1歳児もそれなりに楽しんでくれたようでなにより。




14時過ぎには帰路に着き

百貨店に寄り道して帰宅。


また年内にでも

上野を家族と歩きたい。




ありがとう。