ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

ポイントカードの無い私にポイントが付いたレシートを渡されて思うこと

近所のドラッグストアで買い物すると

私が受け取るレシートに

必ずポイントが記されている。


私はポイントカードの類をほとんど作らない。


買い物の度にポイントが記されており

どの店員がレジ対応しても同じで

店ぐるみでやっていると思われる。


ポイントカードの無い客から

ポイントだけ不正に得ていることは

すぐにわかった。




なんというのか

これを不正だと吊るし上げるのではなく


制度というか、システムというか

低時給で働くアルバイト店員に

歩合、チップの意味で

ポイントを付与できないものだろうか。


消費に対してのポイント付与だが

労働に対してのポイント付与。


レジ担当だけが恩恵を受けないよう

従業者のポイントカードを全てレジに通して

会計が行われたとき

全員にポイントが与えられる。




売り上げが立てば立つほど

働けば働くほど

ポイントが目に見えて増える。


労働へのやる気、サービスの向上

継続した就業、離職減につながらないだろうか。


お客様に来て頂きたいと

自然に店員が考えるのではないか。




客が来ても来なくても

アルバイトは同じ時給だ。


それなら客が来ないほうが楽だ。


私が20代でバイトしていた頃

そう考えていた。




ポイントの率は考え直さなければならないだろうが


客の会計100円で、従業者に1ポイントが付くなら

勤務8時間の売り上げ10万として1000ポイントの付与。


20日勤務で20000ポイント。

月に20000円分のポイント付与。


2万となると

雇用する側も縦に頷けないだろうが

率を見直せばどうにかならないか。


もしくは国や自治体が

低所得者支援の制度として

補助金なりでそれをカバーできないか。




都の最低時給は1000円を突破しただかするとか聞いた。


会社の偉い人が曰く

最低時給1200くらいまでは上がり続ける見込みだとか。

本当かどうかは知らない。




客側はより良いサービスを

従業者側は歩合的な意味でのポイントを

雇用側はサービス向上から売上増、離職減など見込めないか


考え方に都合が良すぎるか。




サービス向上を目的とした

労働に対するポイント制度があってもいいような


ポイントカードを作らない私に

ポイントが記されたレシートを見ながら

そんなことをなんとはなしに考えていた。



ありがとう。