ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

4歳児の咳と 「この人は強くなった」

9月半ばに4歳児は入院したが
退院後も咳と鼻水は続いていた。


昨晩になり
いよいよ咳が酷い。


咳に魘されては眠り
眠っては咳き込み魘されして朝になった。



彼は幼稚園に行きたいと訴える。


かみさんは行かせたいようだが
まず病院に行きなさいと私は促す。




笑顔で病院から帰ってきた4歳児だが
かみさん曰く
入院するほどではないがネブライザーを使うよう指示があったという。



彼はすでに2度

呼吸器を病み入院している。


入院前を含めて

1ヶ月以上も咳と鼻水が続いていることになる。




清浄な空気を取り入れるために

北の部屋の窓と居間の窓を開け

日中に寒くても閉めないよう

かみさんに伝えた。





PRIDE ミルコ・クロコップ VS 美濃輪育久 煽り



昼食


4歳児は

コタツでぼんやりと天井を仰ぐ。


まだ咳は出るものの

目立って調子を取り戻している。



私は

ミルコvs美濃輪育久 煽りVを

パソコンで再生する。



「この人も子供の頃

咳が出る病気だったんだ。


でも強くなって

あんな大きな人とも

闘えるようになった。」


へぇ〜と頷きながら

4歳児は画面の美濃輪育久を見つめる。



「この人は子供の頃

お父さんが死んで

お母さんと2人で生きてきたんだ。」


「おとうさん、なんで、しんだの?」


「、、それはわからないけど

この人も身体と心を鍛えて強くなった。」



じっと画面のミルコクロコップを見ながら

咳をひとつする4歳児。


それを見つめると

不意に何かが込み上げて、天井を仰がざるを得ない。


最近、涙腺が本当に弱くなった。



「強くなってくれよな。」


4歳児の頭を撫でると

彼は笑顔を返してくれた。




ネブライザーと長い換気で

咳はだいぶ落ち着いたようだ。



空気清浄機の購入を考えている。


その前に

しっかりとした清掃が必要だが、、




もしかすると

病気がちであるとか

父との死別だとか

彼がこれから悩むことがあるかもしれない。


彼の内に

生きる希望が

備わりますように。


いまの私の命は

そのためにある。




考えて生きたい。


ありがとう。