ホームレスから父に成る!

ホームレスだった男の育児と日々の雑感

絵本 キラキラっとほしがかがやきました

上野動物園で家族とペンギンを眺めして
4歳児が40度の熱発していたが回復


ようやく咳と鼻水が治まったようだ。




4歳児と入浴すると
幼稚園のΦくんが仮面ライダーを好きだという。


4歳児の話に
男友達が出てくるのは珍しい。


帰園後いつも遊んでいるのは
なかよしの女の子2人。




彼は至って普通の4歳児だが
最近「ちんこ」を連呼するようになってきた。


「ちんこ、ちょーだい」
「ちんこ!ちんこ!ちんこ!」
「ちんこびいいいいいいむ!!!びいいいいいいい!!!」


フロイトでいう男根期を
4歳児は体現している。








健康診断の帰りに
いつもの書店に立ち寄ると
ティラノサウルスシリーズの新刊が出ている。


クーピーのような特典が付いた
シリーズの1作目もある。


子らが喜ぶかと思い
2冊とも購入する。




入浴を終えたかみさんと子らが
絵本を見つけて喜んでいる。


私が風呂から上がると
待ちきれなかった子らは
かみさんに朗読をお願いしたようだ。


新刊を神妙な面持ちで聴く4歳児。


私は入浴して一番に読む機会を逸した。
初めての絵本を読み聞かせることが叶わず
残念な気持ちでかみさんの朗読に耳を傾ける。






今回の新刊を合わせて
購入したシリーズが6冊目になった。


子らに渡した絵本や図鑑の合計が
夏の終わりころには50冊を超えていた。


小学校に入るまでには
100冊に届くかもしれない。





そういえば最近になり
絵本「はなくそ」を読んでくれと
4歳児の要望が増えている。


3歳のときには理解できなかったが
4歳では鼻糞を口に入れることがどういうことか
理解して始めたようだ。


彼はコタツの陰に隠れして
他者から直接には見えないようにして鼻をほじり
その指を口に入れている。


まあ、少しはマシになったか、、



絵本「はなくそ」は
3歳には早かったようだ。
意識改革には遅効性だが有効に思える。


5歳になれば
また変わってくるだろうと信じている。




私が小学生の頃
学校の図書室にある本の貸出カードに
私の名前が書かれていない本は無かった。


子らも同じようにとは思わないが
物語を楽しめる人間になってくれたらと願う。


今後も子らに
本を贈りたい。


ありがとう。